お知らせ・交流掲示板

記事一覧へ戻る

「ソーシャルワーク専門職である社会福祉士のソーシャルワーク機能の実態把握と 課題分析に関する調査研究」への積極的協力のお願い

2018/9/27

会員の皆さまへ

「ソーシャルワーク専門職である社会福祉士のソーシャルワーク機能の実態把握と課題分析に関する調査研究」への積極的協力のお願い

日本社会福祉士会では、厚生労働省平成30年度社会福祉推進補助事業(重点事業)として、標記の悉皆調査を、社会福祉士の配置・任用拡大を目指す上での基礎的データの収集も含めて、下記のとおり実施しています。
つきましては、必ずしも回収率がよくなく、そのため日本社会福祉士会から積極的な協力の要請があっていますので、よろしくお願いします。

1調 査 名:ソーシャルワーク専門職である社会福祉士のソーシャルワーク機能の実態把握と課題分析に関する調査研究悉皆調査

2対 象 者:都道府県社会福祉士会に所属する個人会員(全員)

3調査目的:ソーシャルワーク専門職である社会福祉士のソーシャルワーク機能の発揮状況、果たしている役割等の実態把握と課題分析を通して改善策を明らかにし、有効的・効果的な活用と国民の理解を図ること。

4調査期間:8月28日(火)~9月30日(日)
 *調査用紙は、日本社会福祉士会9月号ニュース(ヤマトのメール便で8月28日から順次発送済み。以前の「エメラルドグリーン」ではなく「青色」のビニール袋で包装)に同封
 *期限を過ぎても、可能な限り調査に反映予定

5回答方法:上記の調査用紙に同封された返信用封筒に回答紙(マークシート)のみを封入し投函

以上

一人でも多くの会員さまにご協力いただければと思います。宜しくお願い致します。